絵画買取における業者選びの重要性

絵画買取では、業者選びが重量なポイントになります。売るだけなら近くにあるリサイクルショップでも良いのですが、それだと正しい価値をつけられない可能性が高いです。絵画は真贋が必要なので、プロの鑑定士がいる絵画買取専門業者を利用したほうがいいです。リサイクルショップだと鑑定までしてくれない場合が多いです。買取専門といっても、なかには評判の良くない業者や、悪徳業者も存在します。ちょっと生理的に合わないというレベルで済むならともかく、無料査定サービスと言いながら自宅に上がり込んで売るつもりがなかった骨董品類を安く持って行かれてしまうなどというトラブルもなくはないので、業者選びは慎重に行ったほうがいいです。ここでは、いい買取業者の選び方や売り方、査定依頼時の注意点について紹介していきます。

買取実績の多い絵画買取業者を選ぶ

業者選びの基準になるのが、買取実績です。ホームページで確認して、これが全くない場合は注意が必要です。利用者の口コミや感想の書かれた手紙などを載せている業者もありますが、これも捏造したものである可能性があるので、注意しましょう。買取実績がある業者ならば、買取った品物や品数などを載せていることが多いです。これだけで判断できない場合は、ネットの他サイトの口コミも参考にしてみましょう。多くの利用者がいると安心です。全ての意見を鵜呑みにすることはできませんが、情報がゼロの状態よりもいい業者を選びやすくなります。売り方に関しては、複数の売り方から選べる業者がおすすめです。店舗買取、宅配買取、出張買取などいろいろな方法が最近では登場しているので、選べるところがいいでしょう。

なるべく無料査定サービスの業者を選ぶ

最近では、絵画買取業者は多くのところが無料査定サービスを実施しています。より多くの絵画を買い集めるために行われているサービスです。これは業者にとってはお客さんを増やすのに都合がいいですし、売りたい人にとっては無料で査定してもらえるので絵画の価値のぶんだけお金が入ってきます。買取してもらうときには、なるべく無料査定をしてくれるところを選ぶようにしましょう。無料査定をいくつかの業者でしてもらい、そのなかから一番いい値段をつけてくれた業者に選ぶのが一番高価買取につながる売り方です。同じ作家でも、そのときのニーズや業者の都合によって買取価格は変わる可能性があるので、よく考えてから売るようにしましょう。また、作品のコンディションを整えておくと高額査定につながりやすいです。