知っておきたい採用管理の基礎知識

採用管理の基本は、会社にとって必要な人材を明確にして、戦略的な募集活動を行い、その条件に合致した人材を的確に選考することであり、合格者には迅速に内定通知を出して取り囲むことです。これらの一連の採用業務が滞ったり、必要以上に時間をかけすぎると、優秀な人材は他社に流れていきます。つまり、優秀な人材を確保するためには、自社の要員事情を的確に把握することに加え、スピード感を持って採用業務を取り運ぶことが極めて重要です。しかし、現実には、募集活動は行うものの、人を集めることができず、結果的に、必要な条件を満たしていなくとも、妥協しながら雇用を行なっています。このような状況では、いつまでも優秀な人材を集められないばかりか、スキルの低い社員に振り回され、業績を好転させることは難しくなります。

人材の募集と選考業務における注意点

よい人材を確実に雇用するためには、まずは、労働市場を的確に把握することが必要です。自社が必要とする人材が、どういった求人媒体を利用しているのかを分析した上で、求職者に訴えかける募集広告を掲載していかないと、広告宣伝費の無駄使いになり兼ねません。併せて会社説明会などのイベントを開催すると、相乗効果が期待されますから、さらに募集人数が増えていきます。つまり、募集の段階では、ターゲットにそった宣伝活動を行うことがポイントです。選考業務において大切なことは、決して妥協しないことです。募集人数が少なくなると、必然的に雇用可能な人材も少なくなりますから焦りを覚え、合格基準に満たなくとも合格判定を行いがちですが、条件に満たない人材を雇用しても悪循環に陥るだけですから、選考基準だけは守り通すことが大切です。

採用管理のアウトソーシングとは

選考試験が終了したら、いち早く合否判定を行い、内定者には通知を出すことが大切です。というのも、内定通知が遅れてしまったために、人材が他社に流れてしまうからです。大概、求職者は複数の企業を受験していますから、条件に大きな差がなければ、早く内定通知を出した企業に行ってしまいます。そこで、採用業務全体の迅速化を図るため、求人に対する応募者の取りまとめから内定通知の発送状況までをデータベース化して、一括管理する企業も少なくありません。採用業務の一連のフローの中で、一番、企業が苦手としているのが、労働市場の実態把握です。これは、各企業に分析するノウハウやデータを持ち合わせていないことが原因です。そこで、採用管理事務を全てアウトソーシングする企業も出てきています。自社で大きなコストをかけてノウハウを習得するよりも、最初からノウハウを持っている業者に依頼して、確実に成果を出そうというものであり、実際に優秀な人材を確保しています。