採用管理の必要性を考えてみよう

日本の労働市場は、少子高齢化の影響で非常に厳しいものとなっています。そのため、新大卒や新高卒の求人を募集しても定員に届かなかいことも少なくありません。さらには、若い世代の職業に対する考え方が変化したことにより、社員育成がままならず、入社1年以内の早期離職が増加しているのです。そのため、新規採用だけでなく、中途採用に頼らざるを得ない状況なのです。こうした状況下では、各企業における採用担当者にかかる負担は非常に大きなものとなっており、本来、取り組むべき、採用計画や採用後の育成にまでは手が回らないのが実態です。そうなると、必然的に採用する人材の質が低下し、会社が求める業績を上げられない社員が増えてしまい、いわゆる「数合わせ」の状態となってしまうのです。こうした状況を打破するために、企業にとって採用管理はとても重要なものなのです。

採用管理の目的とシステム化の意義

採用管理とは、社員の募集から採用、育成までのプロセスを一元管理し、会社に有益な人材を育成することを目的としています。さらには、現在の要員事情を勘案し、数年先までの採用計画や採用基準の明確化、さらには入社後の社員育成までの仕組みを構築することが求められます。しかしながら、多くの企業では中途採用に頼らざるを得ない状況が続いていることから、採用担当者は、1年中、採用業務に追われています。そこで、第一段階として、採用業務のシステム化から導入することになります。これは、社内LANに専用システムを構築し、募集、選考、内定、採用までの各プロセスにおける進捗状況を一元管理するものですが、応募してきた媒体や入社後の業績を加えることで、採用計画や採用基準を策定する上で非常に重要なデータになるのです。

有益な人材を確保する採用管理の在り方とは

企業経営を安定させるためには、一過性の採用計画では意味がありません。長期的な展望が必要なのは言うまでもありませんが、そこで重要なのがシステムに蓄積されたデータの分析です。どういった媒体で応募してきた社員が伸びるのか、選考試験は適切であったか、入社後に施した研修によって社員のモチベーションは上がったのか等を分析することで、採用基準や育成計画がより適切なものになるのです。最近では、採用業務のシステム化をはじめ、データ分析による採用計画の構築を専門的にサポートするサービスがあります。こういったサービスのメリットは、数多くの経験値から様々なデータを持ち合わせていることです。本来であれば、自社の採用実績からデータを蓄積し、最適な採用計画を構築すべきですが、非常に長い期間が必要となります。そこで、こういったサービスを導入することで、短期間に成果を求める企業が増えているのです。