採用管理とはなになのかお教えします

どのような業種の会社であっても、人材の力はとても大切です。いくら様々な業務がパソコンで完了するようになっても、それを動かすのは人間であることに変わりないのです。しかしながら、多くの企業では、要員不足が深刻化しており、社員に一人にかかる負担は大きくなる一方です。こうした状況を打開するため、企業の人事担当者は新規採用だけでなく、中途採用枠を拡大して対応していますが、採用業務に多くの時間を割かざるを得ず、肝心の選考基準の見直しや、入社後の人材育成にまで手が回らず、結果、いくら社員を雇用しても想定される成果が得られない状況に陥っています。採用管理は、採用業務をシステム化することで、各プロセスにおける進捗状況を社内で共有できるようになることで、選考業務の遅延を防止するとともに事務の効率化を大幅に図ることができます。

昨今の採用業務における課題とは

社員を雇用するには、募集、選考、絞込み、内定、通知、採用といったプロセスを経ることになります。新規採用で十分、要員が補充できていた時代には、この工程を年に1回行うだけでしたが、中途採用枠が拡大したことにより、採用担当者は年に数回このサイクルを繰り返すことになりますから、単純に業務量が数倍に膨れている状況です。さらに、それぞれのプロセスを複数の係が担当している場合、採用担当者はデータを集めるだけでも相当な労力を要することになりますし、責任の所在が曖昧になる恐れもあります。特に中途採用の場合には、複数の企業に応募している可能性が高く、例えば内定通知が遅れてしまうと、競合他社に入社してしまいます。つまり、従来型の管理方法では、採用担当者は事務作業に追われてしまい、本来重要視すべき、企画・分析ができません。

採用管理の概要と導入のメリット

採用管理システムは、採用業務を一括管理することを目的としています。応募者のデータベースを構築し、求人媒体、選考状況、選考試験の結果・判定、内定通知の発送状況、内定の可否などが、社内で共有することができますから、例え、それぞれの工程を複数の係で担当していたとしても、今までのようにデータを探し回るようなことはありませんから、大幅な効率化につながります。また、求人媒体ごとの合格者数を算出したり、選考試験の内容による合格率を割り出すなど、様々な分析が可能ですから、例えば求人広告を出稿する媒体の絞り込みを行ったり、採用基準の見直しを行うなど、戦略的な採用活動を行うようになります。つまり、採用管理を導入することで、会社にとって有益な人材を効率的に確保することが可能となります。