そもそも採用管理とはなになのか

会社にとって有益な人材を多数集めることこそが、業績を向上させる近道です。どのような凝集においても人材に優しい会社は、一定基準以上の成果を上げていますし、同じ会社の中でも人材に優しい営業所は、業績にも良い影響が出ています。しかしながら、最近では若年層の労働不足により、人材に優しくするどころか、社員に負担をかける一方となり、メンタル疾患による休職や早期退社が増加の一途絵を辿っています。当然、各企業の人事担当者はこの状況を打開しようと試みているのですが、有効な手立てがないのが現実です。そこで、各企業が導入しているのが採用管理という概念でありシステムです。このことで、採用担当者の事務負担は軽減され、会社に有益な人材の確保という観点からも成果が上がっています。

採用業務の課題とシステム化によるメリット

採用管理を理解しようとする場合、「概念」と「システム」に分けて考えると、整理しやすいと言われています。概念とは、企業の考える理想の職場づくりに貢献できる社員の姿であり、人材確保の観点から言えば「採用計画」「採用基準」に当たり、この部分がぶれてしまうと、社員の質は著しく低下してしまいます。しかしながら、現状では採用担当者は、日々の採用業務に追われており、採用計画や採用基準を考える余裕はないのが実態です。さらには、こういった概念を検討するための社員データさえもデータベース化できていないのが多くの企業の現状なのです。そこで各企業は、採用担当者が採用方針や採用基準を検討する時間を生み出すため、採用業務の機械化を図り、採用にかかる様々なデータが集積できるシステムの導入を行っているのです。

採用管理の概要と企業にもたらすメリット

採用業務は主に、募集・選考・内定・通知といった過程に分けることができます。多くの企業では、これらの課程を分業制としているため、一元的な進捗管理が難しく、結果として内定通知が遅れ、他社に人材が流れてしまうこともあります。システムはこういった弱点を克服するため、採用にかかる様々なデータを社内で一括管理することにより、事務の軽減とデータの共有を可能としました。また、集積されたデータに基づいて、どの求人媒体からの応募者に合格が多いのか、どういった選考問題に応募者が弱いのかなど、詳細な分析が可能となりますから、出稿すべき求人媒体の見極め、より良い人材を確保するための選考基準の構築、将来を見据えた採用計画を策定することができます。すなわち、採用管理とは、採用業務をシステム化することで、業務の効率化を図り、生み出した時間で、採用計画や選考基準の見直しを行い、より有益な人材を確保するプログラムのことです。