意外と知られていない採用管理とは

会社経営の観点から、有益な人材を一人でも多く雇用することは、非常に大切なことですが、実際には社員育成も含めなかなか上手くいかないものです。特に、ここ数年は、若年層の労働力が不足しており、新卒新規採用枠でさえ埋まらない状態があり、企業の人事担当者はやむを得ず、採用基準を下げるなどの措置を講じています。また、新卒新規採用の定員割れを補うため、中途採用の募集も頻繁に行われていますが、現場としては、早く人材が欲しいという要望があり、人事担当者としては、採用する人材の質を低下させたくないとの思いがぶつかってしまい、こちらも有益な人材の確保はままならないのが現状です。このような、採用に関する課題を解消するのが採用管理であり、採用計画、採用基準、育成方針をしっかりと組み合わせることで、有益な人材を確保しようというものです。

採用管理の概要とシステム化のメリット

最近の人事担当者の悩みといえば、採用業務に時間がかかり過ぎていることです。以前は、新卒の採用が中心でしたが、中途採用が大幅に増加したことにより、1年中、採用業務にかかりきりになっているのが現状です。このような悩みを解消するのが、採用業務のシステム化です。求人に対する応募者のデータを集約し、選考試験の結果や内定通知の発送状況、入社後の業績をデータベース化することで、採用業務の効率化を図り、応募してきた媒体、選考試験の内容、入社後の研修内容を勘案して、今後の採用業務に活かしていくのです。例えば、求人広告を出稿するにしても、単純に全ての媒体を使用するのではなく、良い人材が集まりやすい媒体の絞り込みを行なったり、新たに媒体を加えるなど、採用までの各プロセスにおいて戦略を持った対策を行なっていくのです。

採用管理の課題とコンサルティングの活用

採用業務をシステム化することで、様々なデータを蓄積することが可能となり、より効率的な人材確保が可能となる一方で、そのノウハウを習得するためには、ある程度の時間が必要になってきます。例えば、採用試験の内容にしても、いくつかのサンプルデータがないと、どういった問題が有効であったのか判断できません。社内研修においても同様です。そこで、各企業が導入しているのが、採用業務にかかるコンサルティングの活用です。最近では、企業の人事や採用に特化したコンサルティング業者が数多く存在しています。こういった業者は多くの企業の人事部門に様々なノウハウを提供する、いわゆる採用業務のプロですから、豊富な経験値と高いスキルを持ち合わせているのです。労働市場や若年層の仕事に対する意識の変化により、従来の採用方針では、有益な人材確保が難しくなっています。つまり、こういった変化に対応し、戦略的に人材を確保し育成するのが採用管理なのです。

都市部メインですが、地方もWeb商談でご対応可能です。 今後も随時追加予定のAPIにより、仕事の効率が上がる様々なサービスと連携させることができます。 API連携で多くのサービスと繋がり、利便性を高めます。 採用目標数に届かなかったり、変動が激しい採用状況に合わせて企業をサポートします。 豊富な分析機能を使うことで、一元管理で収集したデータを、さまざまな切り口から可視化できます。 人事の要望を叶える採用管理システム